《人间失格》研究太宰治的生死观_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-02-29
  • 论文字数:8965
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:思想は行動を支配するように、人の自殺行為は生死観に影響された。日本は世界でも自殺率が高い。本稿は自殺数が最も多くの無頼派代表作家太宰を研究対象にして、彼の頻繁な自殺の原因と生死観を探求した。太宰は39年の短い人生の中で、6回の自殺行為があった。また、最後の前に『人間失格』という自叙伝小説を発表した。『人間失格』の中で、太宰治は自分をモデルにして悲劇な主人公大庭叶藏を描き出した。ですから、『人間失格』は死生観の研究に対して、重要な意味があった。本稿は『人間失格』の基礎で、太宰と大庭の人格特徴を比較して、尚、太宰の人生経験及び他の学者の著作を結び付けて、共同的に彼の死生観を研究した。以上の方法を通じて、本稿は太宰は完全なニヒリズムな生死観を持っていたと認められた。太宰にとって、世界、特に人間の存在は意味がない。ですから、生存と死亡も何の意味もない。生きているのは罪だが、かえって死亡が解脱になった。上述したように、太宰治に虚無な死生観を持っていた。

キーワード:太宰治;『人間失格』;生死観

 

目次

中文摘要

要旨

第1章 はじめに-1

1.1 先行研究の動機及び目的-1

1.2 研究の内容及び方法-1

1.3 現存研究-1

第2章 太宰治についての紹介-3

2.1 作家太宰治の経歴-3

2.1.1 幼年時代-3

2.1.2 少年時代-3

2.1.3 青年時代-4

2.1.4 壮年時代-4

2.2 「無頼派」作家太宰治と彼の作品-4

2.2.1 「無頼派」作家太宰治-4

2.2.2 太宰治の作品-5

第3章 『人間失格』についての紹介-7

3.1  『人間失格』のあらすじ-7

3.2  主人公・大庭葉蔵と太宰治-8

第4章 太宰治の生死観についての紹介-9

4.1 生死観の定義-9

4.2 『人間失格』と太宰治の生死観-9

第5章 おわりに-11

5.1 本研究の結論-11

5.2 本研究の新しい観点-11

5.3 本研究の欠点と今後の展望-11

参考文献-12

謝  辞-13

...
资料下载地址:

支付并下载