中日乌鸦文化的比较_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:11368
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:カラスは、最も広義にはスズメ目カラス科の総称である。カラスが鳴く時、肩をすくめて、頭を低くして、そして首を伸ばしてだみ声で「ar—ar」と鳴き出す。そのため、今のカラスという名前と付けられた。

カラスについては世界各国で様々なイメージと伝説があるが、プラスイメージのものもあるし、マイナスイメージのものもある。中国文化の中で、カラスはとても不吉な象徴になった。「カラスの口」、「烏合の衆」、「カラスは頭から過ぎて、災害がなくて必ず災いがあって」、「どこの烏も黒い」、これらの民間のことわざはカラスに対して嫌な気持ちを表す。そのためにカラスといったら、よくない事が起こると思われる。今、カラスは民俗の中ですでに禁忌になった。しかし、日本文化の中で、カラスの代表したイメージが中国のと全く逆である。日本人はカラスが賢いだけではなくて、それとも天上の神が世の中を訪れる時の誘導の鳥であり、だから多くの場所で神霊として尊重された。

本文は両国がカラス文化の理解をきっかけにして、歴史、文学作品、ことわざなどの方面から、カラスのイメージを分析して、中日両国の文化における異なる象徴的意義を纏めてみる。

 

キーワード:カラス;文化;異同

 

目次

要旨

中文摘要

1.中国のカラス文化.1

1.1.歴史におけるカラス

1.2.文学作品におけるカラス

1.3.カラスに関する慣用語

2.日本のカラス文化.3

2.1.歴史におけるカラス

2.2.文学作品におけるカラス

2.3.カラスに関する慣用語

3.中日カラス文化の比較4

3.1.共通点

3.1.1.古くから神意を伝える霊鳥

3.1.2.カラスの反哺する親孝行

3.2.相違点

3.2.1.日本のカラスの済度行為

3.2.2.中国のカラスの悲惨意味

3.2.3歓迎程度の違い

4.おわりに7

5.参考文献8

6.謝辞9

...
资料下载地址:

支付并下载