浅谈日本的狐文化--以江户时代为中心_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:11892
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:日本では、稲荷神社は全国に32000社あり、日本神社の総数の3分の1を占めしている。古来、日本では、人生の節目や転換期には神様に祈願と感謝がくり返しおこなわれてきた。殊に出産・厄年などの人生儀礼の時には神前に手を合わせ、日々の無事と健康を祈念する慣わしがある。稲荷神は商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神として、日本人に非常に人気がある。これが日本狐文化の最も代表的な特徴の一つだと言える。日本の狐文化は独特な存在方式で日本の社会文化と融合して、自分なりの発展の様式を見せるようになってきた。

本文は、狐文化の繁盛期である江戸時代を中心に、狐文化の発展、繁栄及びこの時期に表す特徴と影響を具体的に分析し、研究を行った。それに、日本で狐文化の繁盛の理由を明らかにして、その上で狐文化の特徴をより詳しく検討を行った。それで、現代日本社会と民族の精神需要や物質文化需要がよく分かることができる。

 

キーワード:狐文化;狐憑き;稲荷神;江戸時代;信仰;繁盛

 

目次

要旨

中文摘要

初めに.1

一、狐文化の歴史概況1

二、狐文化の全面開花期である江戸時代.2

第一章江戸時代に狐文化の現状.2

一、農村で狐憑きの流行.2

二、都市で稲荷信仰の流行.3

三、関連する芸術、文学作品などの繁盛5

第二章江戸時代の狐文化の特徴.6

一、狐の善悪両面性の両立.6

二、庶民文化との融合.8

第三章江戸時代に狐文化の繁盛の理由.10

一、庶民文化からの推進10

二、信仰需要の結果10

第四章現代の日本社会文化への影響と検討12

一、精神文化への影響12

二、産業文化への影響13

終わりに.14

参考文献.16

...
资料下载地址:

支付并下载