浅析渡边淳一小说中的死亡美学--失乐园、爱的流放地、无影灯_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:12293
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:渡辺淳一は日本現代の有名な作家であり、日本文学の「情愛小説の巨匠」と呼ばられる。彼は、医学から現代人が欲望と心の間に迷っている現状を深く描いた。現実生活で生命の意義を探求して運命と戦っていた。彼は死亡に対して深い見解がある。

本稿は渡辺淳一の死亡文学の代表作――『失楽園』と『愛の流刑地』と『無影灯』を中心に、渡辺氏の死亡観を分析する。『失楽園』における主人公の死亡現象や「無」を超える死亡だけでなく、『愛の流刑地』で表された桜精神や武士道精神、及び『無影灯』における主人公直江が死に対する認識や行動が、作者渡辺氏の死亡観を反映している。本稿はこれらの新しい視点から、渡辺氏の死亡観を分析する。

キーワード:渡辺淳一;死亡観;死亡

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに

1.1渡辺淳一の死亡意識の形成の原因

1.1.1渡辺淳一の人生経験

1.1.2渡辺淳一の創造動機

1.1.3渡辺淳一の美学観

2.『失楽園』と『愛の流放地』と『無影灯』のあらすじ

2.1『失楽園』のあらすじ

2.2『愛の流放地』のあらすじ

2.3『無影灯』のあらすじ

3.『失楽園』と『愛の流放地』と『無影灯』における死の美

3.1『失楽園』における死の美

3.1.1『失楽園』の主人公の死の現象

3.1.2「無」を超える死亡

3.2『愛の流放地』における死の美

3.2.1桜精神で死を表す

3.2.2武士道精神で死を表す

3.3『無影灯』における死の美

3.3.1死の形式で死の美を守る

3.3.2性愛で死の美を見つける

4.渡辺淳一の死亡美学

4.1渡辺淳一の死生観

4.2渡辺死亡美学からの啓示

5.終わりに

参考文献

謝辞

...
资料下载地址:

支付并下载