日本对西欧文明的吸收及其所受的影响_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:7687
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:周知のとおり、日本という民族は、敢然と外来先進文明を吸収する民族である。外来文明を選択し、吸収して、自国文明と融合して、自分の混合文明を作り上げる。この論文は西洋社会制度と文明への日本の受容と受けられた影響を分析し、なぜ明治維後西ヨーロッパを選択し、第二次世界大戦後アメリカを選択するかということに焦点を合わせて、研究したい。

日本の歴史で、西洋文明への吸収は二つの時期に分かれている。それぞれは、明治維新後、西ヨーロッパ文明への吸収と、第二次世界大戦後、アメリカ文明への吸収である。

明治維新前後、徳川幕府に支配された日本は、封建時代から近代社会に変更する肝心なときである。日本の社会は、この変化になじめるために、ただちにもっと先進的近代思想文明を探し求める必要がある。あの時期の国際情勢の下では、ヨーロッパ先進国を学ぶしかできない。そこで、ヨーロッパ文明は日本社会で繁栄して、日本社会でヨーロッパ文明学習ブームが巻き起こされている。あの時、ヨーロッパの科学技術を大量に学習する以外に、日本も強力にヨーロッパの社会科学を吸収する。特にヨーロッパ社会制度と改革思想について、突っ込んで考察と研究を進めた。このすべては、日本近代政治思想の芽生えと近代政治制度の創立に深く影響を与える。

第二次世界大戦で、戦争の策源地である日本は東アジアの中心になろうと試みた。しかしながら、あの時のアメリカは、長期にわたって東アジア諸国を対外的に開かせるために力を尽くしていた。だからこそ、戦争中の日本とアメリカは正面衝突が起こった。第二次世界大戦後、戦勝国であったアメリカは、単独で日本を占領した上に、日本を無理に上から下へ全面的に改革させた。その上、二次大戦後日本社会の局面に直面して、多くの日本人自分自身も日本の伝統文明について深刻に反省し、疑い始めてきた。だからこそ、日本人は民族復興の希望をアメリカ文明の参考に託した。この心理の変化は、アメリカ文明が大規模に日本社会に進入することに、民族的な心理の排斥障害を減らした。これによって、戦後アメリカは日本への影響はほとんど日本の各方面に波及していた。日本人は本当にアメリカ化の時代を感じていた。

現在の国際社会はグローバル化の社会である。それぞれの国の発展は相互依存しても相互独立している。日本は文明吸収と発展の面で、ほかの国の表現に比べて非常に目立っている。日本の経験を分析し、その長所を発見する。わが国にとってどのように外来文明を吸収するか参考を提供したい。

キーワード:文明;受容;影響

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

1.1日本は西洋文明への吸収

1.2 研究の目的と意義

2.明治時代でヨーロッパ社会への受容1

2.1明治維新前期の吸収

2.2明治維新後期の変化

2.3日本社会への影響

3.第二次世界大戦後アメリカ文明への受容3

3.1第二次世界大戦前期の吸収

3.2第二次世界大戦後期の変化と吸収

3.3日本社会への影響

4.結論5

参考文献.6

謝辞.7

...
资料下载地址:

支付并下载