研究飞鸟奈良时代女性天皇多的原因_日语论文.doc

  • 需要金币2000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-11-02
  • 论文字数:11659
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:天皇は日本の一つの重要なシンボルである。天皇についての研究は歴史、社会、人文などの方面に及ぶから、日本を研究することに重要な役割を果たす。

日本の天皇の歴史にさかのぼる時に、日本の歴史の上で男性天皇だけではなくて、また数名の女性天皇が集中的に飛鳥・奈良時代に現れたことを発見する。この現象に関して、本文は飛鳥・奈良時代に女性天皇が多い原因を研究するのを目指す先人の研究するものに基づいてその時の女性の地位、皇位継承の制度、則天武后との対比研究を通してその原因を詳細的に分析する。

そのような時代で、数名の女性天皇が現れることができることはその時の女性の地位が高いことを表明する。古代の日本で、女性が神のシンボルとみなされる。その上そのような時代に、また母権制に長期的に続いていた。そのような時代で、女性を中心としての社会、家庭が創立された。これらは女性天皇が現れることの兆候である。その原因を除いて、またその時の皇位継承の制度が未熟ので、先皇がなくなった後に、制度によって皇位を伝承することができなくて、多方勢力が皇位を奪った。乱暴を免れるために皇位は地位を持つ女性に伝えた。それによって女性天皇が現れた。

女帝と言って、同時期、中国に有名な女帝―則天武后がいる。飛鳥・奈良時代、日本に唐を真似るブームが起きた。則天武后が日本女性天皇の多出への一定間接的な影響がある。

女性天皇は日本の歴史に深遠な意義がある。この研究に基づいて、一部の日本の歴史に新しい認識がある。

 

キーワード:女性;天皇;歴史

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.過渡天皇―女性が自分の皇族内部での地位を保つ1

3.女性の地位が高い3

3.1女性―神の象徴

3.2母権制社会―母権制家庭

4.未熟な皇位継承6

5.則天武后が女性天皇への影響7

6.おわりに7

参考文献9

謝辞10

...
资料下载地址:

支付并下载