关于日本无障碍旅游的研究_日语论文.doc

  • 需要金币1500 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 即1元=10金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-10-13
  • 论文字数:11256
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文阅览室 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

主旨:旅行したいという欲求は誰にもある。それはけっして障害がない人の特權ではなく、障害者も権利がある。しかし、現状は、多くの障害者が不便なことはいろいろとあるので,旅行に行きたくても行けない状態にある。近くの日本はこの現象について積極的にバリアフリーの事業を発展していて一番いいと世界から褒められる。本文では簡単にバリアフリーの定義と障害者への配慮を紹介した。次は、バリアフリー旅行の市場ポテンシャルを分析して、主に日本におけるバリアフリーに関わる旅行会社と交通機関と宿泊などの三つの業界の成功した部分と失敗した部分を説明した。日本では成功したバリアフリーの経験を学んで旅行に行きたいという強いニーズを持つ障害者は旅行の楽しみが享受できるようになる。

キーワード:バリアフリー、障害者、旅行業、経験、取り込む

 

中文摘要:谁都有想去旅游的想法,这不是只有正常人才有的权利,残疾人也拥有这个权利。但现状是很多残疾人虽很想去旅游,但因为各种问题而去不了。日本针对这个现象大力地发展无障碍事业,而且被普遍人认为做得很不错。本文简单地介绍了无障碍旅游的定义和对对障碍者的关怀,接下来分析了无障碍旅游的市场潜力和主要简述了一下日本的旅行社和交通机关和住宿的现状。从学习了日本无障碍旅游的经验后,希望想去旅游的残疾人也能享受到旅游的乐趣。

关键词:无障碍;残疾人;旅游业;经验;学习

 

  日本で成功したバリアフリー旅行の経験から学んだものをちょっと説明したい。

  まずは、やはりバリアフリーの實現のために、公共施設である道路、横断歩道、階段、トイレから観光施設や関連施設のレストランなどまでバリアフリー建築をいつも心のなかで一番の位置を占めて、すべての人が利用できる施設からバリアフリーを発展させる。たとえば、車いるが利用だきるエレベーター設置して、施設の適切な利用を求めている。

  次に専門的な人材の育成である。バリアフリーを考えている福祉専門の人材がバリアフリー化社会の不可欠な部分になると思う。これらの人材は生活の中から障害者に役に立ててあげるようになれる。

  最後に、バリアフリーを生活に取り込むように希望する。

 

...
资料下载地址:

支付并下载